すべてのサイクリストにとって、バイクを操ること、それはすなわち自分の意思と潜在能力をバイクに直接伝達していくことを意味する。
繊細な乗り手の感覚を最大限にバイクに伝えていく接点としてバイクグローブは存在し、時には握力の軽減を抑制したり、時には落車時のプロテクターとし ての機能を発揮するなど素手で握る以上の卓越した性能をもたらすために重要な役割を担っている。


続きを読む